バイオマーカー、EG法、SNPの技術

解析・遺伝子・SNP・データベース・ハプロファーマ
ホームへ戻る
抗加齢・アンチエイジング・医学・ハプロファーマ
バイオ マーカー・地球・科学・ハプロファーマ

サイト内を検索する!
会社概要
ゲノム科学動向と事業戦略
事業内容
OKINAWAプロジェクト
技術紹介
会社新着情報
バイオニュース
健康長寿のための医と食の辞典
リンク集

製薬会社様へ
一般の皆様へ

会社情報

株式会社ハプロファーマ
【東京事務所】
〒103-0027
東京都 中央区日本橋3-2-9
三晶ビル4F
Tel: 03-3274-5070

バイオの豆知識

ファーマコゲノミクス
医薬品の効き目や副作用の起こり…
SNP
生活習慣病などの疾患発症のし易…
ゲノム創薬
個々人のゲノム情報を活用して医…
バイオマーカー
生体内の変化を定量的あるいは定…
EG法
ハプロファーマの基盤技術。遺伝…
テーラーメイド医療
遺伝子レベルでの個人の体質の違…
トキシコゲノミクス
開発中の新規医薬品の有効性/安…
バイオバンク
医薬品の効果や副作用などと遺伝…
ハプロタイプ
生物の単一の染色体上の遺伝的な…
会社概要

 EG法のスキーム
会社概要 ゲノム科学動向と事業戦略 事業内容 OKINAWAプロジェクト 技術紹介 会社新着情報 バイオニュース 健康長寿のための医と食の辞典

バイオマーカー・SNPはハプロファーマ > 技術紹介 > EG法のスキーム


EG法のスキーム

基本原理

  • 不死化リンパ球細胞株(HapMap由来)に試験対象の薬剤を作用させる
  • 薬剤を作用させた細胞と未処理の細胞(コントロール)からDNAとRNAを抽出
  • Affymetrix社製マイクロアレイで、SNPタイピングと発現解析を同時に行う
  • 薬剤誘導性EAIの解析
  • 臨床検体を用いた候補マーカーの検証

標準的なEG法の研究スキーム

Standard Study Design


EG法の適応過程

EG法は薬剤の処方量を決定する薬効に関するバイオマーカーの同定に有効です。

また、探索研究にも応用可能です。例えば、薬剤がシス要素として影響を与える遺伝子のスクリーニング、ゲノムワイドなスケールでの遺伝的インプリンティングパターンの研究などが行えます。

Application of EG method

がん・診断・バイオ マーカー・化学・物質・過敏症・疲労・酸化・ストレス・ハプロファーマ