バイオマーカー、EG法、SNPの技術

解析・遺伝子・SNP・データベース・ハプロファーマ
ホームへ戻る
抗加齢・アンチエイジング・医学・ハプロファーマ
バイオ マーカー・地球・科学・ハプロファーマ

サイト内を検索する!
会社概要
ゲノム科学動向と事業戦略
事業内容
OKINAWAプロジェクト
技術紹介
会社新着情報
バイオニュース
健康長寿のための医と食の辞典
リンク集

製薬会社様へ
一般の皆様へ

会社情報

株式会社ハプロファーマ
【東京事務所】
〒103-0027
東京都 中央区日本橋3-2-9
三晶ビル4F
Tel: 03-3274-5070

バイオの豆知識

ファーマコゲノミクス
医薬品の効き目や副作用の起こり…
SNP
生活習慣病などの疾患発症のし易…
ゲノム創薬
個々人のゲノム情報を活用して医…
バイオマーカー
生体内の変化を定量的あるいは定…
EG法
ハプロファーマの基盤技術。遺伝…
テーラーメイド医療
遺伝子レベルでの個人の体質の違…
トキシコゲノミクス
開発中の新規医薬品の有効性/安…
バイオバンク
医薬品の効果や副作用などと遺伝…
ハプロタイプ
生物の単一の染色体上の遺伝的な…
会社概要

総合健康産業の科学的支援事業
会社概要 ゲノム科学動向と事業戦略 事業内容 OKINAWAプロジェクト 技術紹介 会社新着情報 バイオニュース 健康長寿のための医と食の辞典

バイオマーカー・SNPはハプロファーマ > OKINAWAプロジェクト > 総合健康産業の科学的支援事業


総合健康産業の科学的支援事業

総合健康産業の科学的支援事業

 沖縄県は長寿の島として世界でも注目されています。また、健康長寿のイメージが県産品の購入意欲や観光産業を支えています。しかし昨今、中年層の肥満率が日本一となり生活習慣病の危機が深刻化しています。県民の健康長寿を取り戻すためにも新たに効果的な生活習慣病予防への取組みを普及させる必要があります。生活習慣病には、遺伝体質や環境因子が関わっています。自分の体質を知り、自分に合った健康指導を受け、健康づくりに取組むには、体の状態を示す‘指標’が必要です。それ故に、生活習慣病へのなり易さや病気の進行程度を表す指標である“バイオマーカー”を新たに開発し、予防や治療に応用することは重要な医学的課題です。また、個々人に最適の医薬品・健康食品を最適量オーダーメイドで提供するためにも、バイオマーカーを用いた診断や判定は大変有用です。

 

 琉球大学が中心に行なう「沖縄県居住者を対象とするバイオバンク構築と健康長寿に関するバイオマーカーの開発研究」では、健康診断や人間ドックの際に、アンケートにご協力いただくとともに、検査値と血液および尿を匿名化してご提供いただき、生活習慣病の克服を目指す医学的な研究に有効活用させてもらう趣旨で進めています。ハプロファーマでは、この研究支援を通じて、様々な健康支援事業に取り組んでまいります。

 

 この研究では、健康長寿者とその子孫である肥満者が共存する特殊な環境である、沖縄県の居住者を主な対象としています。皆様からご提供いただいた血液や検査結果を使って医学的研究を行い、生活習慣病やその延長線上にある脳卒中や心筋梗塞などの重篤な疾患について、その発症要因を医学的に明らかにするとともに、予防因子を見いだすことで、沖縄県民ならびに日本国民の健康の維持・増進に資することを目的としています。この研究では、遺伝子解析をすることによるバイオマーカーの開発も行います。

 

 また、本研究で解析する遺伝子の中から体質を知る上で手掛りとなる、5つの遺伝子(肥満に関与する遺伝子4つ、喫煙による脳卒中発症リスクに関与する遺伝子1つ)の結果を希望する方にお知らせして健康指導をいたします。生活習慣病は決して遺伝体質のみで決定付けられるものではありません。しかし自身の体質を理解することで、健康診断・栄養判定などの結果と組み合わせることで、自分自身に合った健康づくりに取り組み続けることこそが長寿への近道となります。

がん・診断・バイオ マーカー・化学・物質・過敏症・疲労・酸化・ストレス・ハプロファーマ