バイオマーカー、EG法、SNPの技術

解析・遺伝子・snp・EG法・ハプロファーマ
ホームへ戻る
抗加齢・アンチエイジング・医学・ハプロファーマ
バイオ マーカー・地球・科学・ハプロファーマ
ヒトゲノム・オーダーメイド医療・ハプロファーマ
健康長寿のための医と食の辞典
会社概要 ゲノム科学動向と事業戦略 事業内容 OKINAWAプロジェクト 技術紹介 会社新着情報 バイオニュース 健康長寿のための医と食の辞典


カレー

【成分】
不明(クルクミン?)

【疾患】
高齢者の認知機能低下

【エビデンス】
アジアの非痴呆高齢者60-93歳1010例を対象に、認知機能と
カレーの食嗜好との関連を調査。カレーを月に1度以上食べる群
(43%相当)は食べない群(16%相当)と比較して認知機能を評価
するMMSE検査のスコアが有意に高かった。カレーの香辛料
ウコン(ターメリック)の成分クルクミンは実験レベルで、痴呆予防
の関係が示唆されているが、本研究からはその関係は不明。
加齢はカレーで華麗(エレガント)に予防できる?

【出典】
Curry consumption and cognitive function in the elderly.
           Am J Epidemiol. 2006 Nov 1;164(9):898-906.

がん・EG法・バイオ マーカー・化学・物質・過敏症・疲労・酸化・ストレス・ハプロファーマ

バイオの豆知識
ファーマコゲノミクス
医薬品の効き目や副作用の起こり…
SNP
生活習慣病などの疾患発症のし易…
ゲノム創薬
個々人のゲノム情報を活用して医…
バイオマーカー
生体内の変化を定量的あるいは定…
EG法
ハプロファーマの基盤技術。遺伝…
テーラーメイド医療
遺伝子レベルでの個人の体質の違…
トキシコゲノミクス
開発中の新規医薬品の有効性/安…
バイオバンク
医薬品の効果や副作用などと遺伝…
ハプロタイプ
生物の単一の染色体上の遺伝的な…