バイオマーカー、EG法、SNPの技術

解析・遺伝子・snp・EG法・ハプロファーマ
ホームへ戻る
抗加齢・アンチエイジング・医学・ハプロファーマ
バイオ マーカー・地球・科学・ハプロファーマ
ヒトゲノム・オーダーメイド医療・ハプロファーマ
健康長寿のための医と食の辞典
会社概要 ゲノム科学動向と事業戦略 事業内容 OKINAWAプロジェクト 技術紹介 会社新着情報 バイオニュース 健康長寿のための医と食の辞典

健康長寿のための医と食の辞典 > 50音で探す > > オリーブ油(成分:ポリフェノール)

オリーブ油(成分:ポリフェノール)

【成分】
ポリフェノール

【疾患】
動脈硬化

【エビデンス】
抗酸化物質・ポリフェノールが豊富なバージンオリーブ油は、
加工されたものに比べてHDLコレステロールレベルを増加させ、
LDLコレステロールの血管壁への沈着に関与する
酸化ストレスマーカーを大幅に低下させる。
健康な男性200人を対象にした試験。

【出典】 The effect of polyphenols in olive oil on heart disease risk factors: a randomized trial. Ann Intern Med. 2006 Sep 5;145(5):333-41
がん・EG法・バイオ マーカー・化学・物質・過敏症・疲労・酸化・ストレス・ハプロファーマ

バイオの豆知識
ファーマコゲノミクス
医薬品の効き目や副作用の起こり…
SNP
生活習慣病などの疾患発症のし易…
ゲノム創薬
個々人のゲノム情報を活用して医…
バイオマーカー
生体内の変化を定量的あるいは定…
EG法
ハプロファーマの基盤技術。遺伝…
テーラーメイド医療
遺伝子レベルでの個人の体質の違…
トキシコゲノミクス
開発中の新規医薬品の有効性/安…
バイオバンク
医薬品の効果や副作用などと遺伝…
ハプロタイプ
生物の単一の染色体上の遺伝的な…