バイオマーカー、EG法、SNPの技術

解析・遺伝子・snp・EG法・ハプロファーマ
ホームへ戻る
抗加齢・アンチエイジング・医学・ハプロファーマ
バイオ マーカー・地球・科学・ハプロファーマ
ヒトゲノム・オーダーメイド医療・ハプロファーマ
健康長寿のための医と食の辞典
会社概要 ゲノム科学動向と事業戦略 事業内容 OKINAWAプロジェクト 技術紹介 会社新着情報 バイオニュース 健康長寿のための医と食の辞典


蛋白質

【疾患】
肥満

【エビデンス】
正常体重と肥満の人が高蛋白質を摂取すると、
PYYの大幅な分泌が認められ、著しい満腹感を誘導した。
蛋白質を強化した餌をマウスに長期間与えると、
血漿中のPYYレベルが上昇し、摂食が低下し、脂肪が減少した。
Pyy欠損マウスでは、蛋白質質による満腹感や体重低下作用に対して
抵抗性を示し、超肥満になったが、PYYを投与すると肥満が解消された。

【出典】 Critical role for peptide YY in protein-mediated satiation and body-weight regulation. : Cell Metab. 2006 Sep;4(3):223-33.
がん・EG法・バイオ マーカー・化学・物質・過敏症・疲労・酸化・ストレス・ハプロファーマ

バイオの豆知識
ファーマコゲノミクス
医薬品の効き目や副作用の起こり…
SNP
生活習慣病などの疾患発症のし易…
ゲノム創薬
個々人のゲノム情報を活用して医…
バイオマーカー
生体内の変化を定量的あるいは定…
EG法
ハプロファーマの基盤技術。遺伝…
テーラーメイド医療
遺伝子レベルでの個人の体質の違…
トキシコゲノミクス
開発中の新規医薬品の有効性/安…
バイオバンク
医薬品の効果や副作用などと遺伝…
ハプロタイプ
生物の単一の染色体上の遺伝的な…